VMWare VDI 対応

VMWare 仮想デスクトップ基盤ではコネクションサーバから仮想デスクトップに シングルサインオンする仕組みのため、GAuhtLogonのようなカスタムクレデンシャルプロバイダ で 2段階認証を実現することはできませんでした。

VMWare VDI 対応版 GAuthLogonV は別の仕組みで2段階認証と同じ機能を実現しました。仮想デスクトップに シングルサインオン直後、コード認証を求める画面が表示します。ここで正しいワンタイムコードを入力 しない限りユーザデスクトップは表示されません。

正しいコードを入力すると、コード認証画面が解除されます。

GAuthLogonV の動作はダウンロードページの評価版でご確認いただけます。