100円生活工房マルヨシ(現ニッパン)との取引終了

2007年12月末、マルヨシ商事(100円生活工房マルヨシ )との契約において、対象となっていたソフトウェアーの提供と保守サービスが終了しています。

マルヨシ商事では契約対象システムをすべて破棄し別の新システムを導入するということが、契約の解除理由です。2−3カ月もあれば代替システムは用意できるということだったので、取引終了通知から2007年12月末の取引終了まで約3カ月間(本来11月末終了予定が、マルヨシ希望により1カ月延長)の代替システム準備期間がありました。

  1. 販売管理システム
  2. ハンディターミナルを使ったリモート発注
  3. インターネット商品カタログサイト
  4. 商品カタログ作成プログラム
  5. インターネット受発注プログラム

2008/1/1以降、上記システムの利用は不正利用になります。これらシステムはパッケージとして提供、マルヨシ商事は開発費の支払いはしていません

なお、弊社はマルヨシ商事の100円商品を販売したり、取り扱ったことはありません。マルヨシ商事の業務に直接的にかかわることはありませんでした。

取引終了時、1円の金銭のやり取りもありません。終了後、1円のやり取りもありません。2008年1月1日以降のシステム利用は不正利用という取引終了でした。

2007年末以降、弊社とマルヨシ商事(現ニッパン)とは一切にやり取りはありません。

取引後、弊社に取引期間中、かなりの迷惑をかけられたという話があるようです。 弊社との取引期間、マルヨシ商事の売上高は100倍( 100パーセントではありません )以上増加しています。どのような迷惑を掛けたのか不明です。

取引終了について、サポートを勝手に投げ出して迷惑をかけたという話もあるようです。

取引終了はマルヨシ商事の希望によるもので、終了時、取引終了の覚書を交わしています。以降、何のやり取りもありません。

取引終了過程のやり取りの録音

取引終了の覚書