API バージョン 2.60
現在の API のバージョンは 2.60 です。この API はハードウェアバージョン 5.0 までのドングルと 利用できます。


HID モード
API バージョン 2.60 から HIDモードがサポートされました。 バージョン 5.0 以上のハードウェアでは専用ドライバモードと HID モードを選択できます


備考:
評価版の SDK ではユーザコードは 1234 固定です。既にインストール済みの SDK は、 ダウンロードした SDK で上書きすることで更新できます。
...Download start» Windows-API V2.60 (32/64ビット)
Windows 3.x - Windows10 対応 SDK
リリース
2016/10

» Matrixドライバ導入プログラム
32bit/64bitドライバの導入プログラム

» SDK オンラインマニュアル
API、ユーティリティの説明
サンプルプログラム

» API リファレンス
オンライン API リファレンス



» カタログ
PDFカタログ



...Download start» MxConnect SDK
Matrix USBキーの抜き差しでカスタマイズ処理を行う Win7/8 対応プログラム作成用 SDK
リリース
2013/03

カスタム処理コードをプラグイン DLL 関数に書き込むことで
ユーザ処理が実現できます. Matrixキーを接続すると共有フォルダ
へのネットワークアクセスを禁止、抜き取るとアクセスを許可する
サンプルコードが含まれます.


...Download start» Linux API V2.60 (32/64ビット) - English
API バージョン2.60 - 32 and 64ビットライブラリ
リリース
2009/2



...Download start» Mac API V2.60
API バージョン 2.60 - ライブラリ (mxmac260_32_64.tar)
リリース
2011/10
ホーム | 会社概要 | 製品 | Matrixのユーザ様 | お問合せ

Copyright © by TechnoData Interware / 有限会社リビッグ -  最終更新日: 2016/02/03
» Our customers