エクセルブック/アプリケーションのコピープロテクトは、このソリューションを使うと 容易に可能になります


Excel スプレッドシートは時には非常に大きなサイズになります。VBA スクリプトやマクロを使って複雑な処理を行っている こともあります。ファイルサイズが 100MB を超えることもあります。このようなスプレッドシート作成には膨大な時間と 労力をつぎ込んでいるはずです。

今までエクセルのファイルをコピー防止する適切な方法はありませんでした。そのため商業ベースでの配布はなかなか 成り立ちませんでした。このソリューションはそんな問題を過去のものとします。このソリューションを使えば、 シートはUSB ドングルがなければ利用できないようになります。

このソリューションは Excelブックを実行形式ファイルにコンパイルします。コンパイルした Excelブックでは 商業配布に必要なプロテクト処理がされます。
  1. セルに設定した計算式がバイナリファイルに隠ぺいされます
  2. VBAコードが隠されます
コンパイルした Excelブックを実行するには Excelが必要です。32bit/64bit 版どちらの Excel にも対応します。

1. 評価版のエクセルコンパイラを DoneEx 社のサイト www.DoneEx.com からダウンロードします。このコンパイラは エクセルシートをコンパイルして実行形式ファイルに変換します( Windows 7 ではコンパイルする前に、My Documents フォルダ外にシートをいったん保存してからコンパイルしてください )

2. Matrix SDK に含まれる実行形式ファイル暗号化ユーティリティ Mx-Crypt で、コンパイル済エクセルシートをプロテクします。



弊社ではエクセルコンパイラをサポート付で提供します。希望される方は弊社までお問い合わせください。




















      エクセルコンパイラを導入したExcelシート


試用方法

1. DoneEx 社 Webサイトから試用版 XCell コンパイラを入手:                                 » ダウンロード

2. ダウンロードファイルを解凍後、インストールします。30 日間試用できます. インストール後、アドインメニュに DoneEx が 追加されています


3. エクセルシートを実行形式ファイルにコンパイル(変換)します。出来上がったファイルは、そのまま実行することができます。 実行形式のため VBA スクリプトやマクロを見ることはできません。コンパイラでライセンス管理もできるようになっています

4. USB キーがなければコンパイル済ブックを実行できないように制限するには Matrix キーをご購入ください。ご購入前に Matrix SDK をダウンロードして MxCrypt 実行形式ファイル暗号化ユーティリティでコンパイル済ブックをプロテクトすることもできます( USB キーが無ければ実行はもちろんできません )  

5. 実行形式にすることで VBA スクリプトやマクロにアクセスできないようになりますが、さらに、MxCrypt で実行形式ファイルを 暗号化することで強力なコピー防止対策をしたことになります。

7. Excelコピー防止には MLU-60 を推奨します

-   1 つのドングルで複数のコンパイル済シートをプロテクトできます

-   15個の任意の値をドングルのメモリに設定できます

-   プロテクトされたシートはどのコンピュータでも実行可能ですが、 実行できるのは正当なドングルが接続されているコンピュータ上のみです

-   コンパイル済みシートと USB ドングルだけ必要です。他に必要なソフトはありません。


ホーム | 会社概要 | 製品 | Matrixのユーザ様 | お問合せ

Copyright © by TechnoData Interware / 有限会社リビッグ  -  最終更新日: 2016/02/03
» Our customers