Matrix はソフトウェアーを無許可の複製から保護するシステムです

Matrix USB ドングル
USB インターフェース対応の MLU / MKU シリーズは、機能的に LPT 対応の ML / MK シリーズと まったく同じものです。LPT ポートを持たない最近のノート PC / デスクトップ PC でのソフトウェアープロテクションに ご利用いただけます。

Matrix USB ドングルは HID モード対応です。専用 USB ドライバではなく、OS 内臓の USB ドライバ で動作しますので、接続すると OS に自動で認識されます。

  • ハードウェアは、過去の使用実績から蓄積されたフィードバックをもとに問題の発生源となりそうな部分を 改良してきました。特に故障の原因になりやすかったコネクタ部分はケースと一体成型になっており、 何度も抜き差しする利用にも耐える大変丈夫な作りになっています。ドイツでは10年間保証しています。
  • ファームウェアも何度も改良されドングルは OS により確実に認識されます。ハブに接続して一発で認識されない ドングルとは一線を画す製品です。
  • SDK ソフトウェアは本来持つべき機能のみに絞り込み高度に洗練しました。もっとも重要な実行ファイルのプロテクト は、世界唯一のまったく新しい技術で実現しています。復号化はプロテクトプログラムの実行時に「アンチプロセスダンプ」 防壁内部のメモリで行われます。ぜひ他のプロテクト技術と比較検討ください。ドングルの設計と API により プログラムから API でドングルを操作することが分かりやすくなっています。サードパーティのソフトに依存せず、 SDK にすべてが含まれます。この洗練され安定した SDK はドングルに添付され別途費用はかかりません.

ドングルを用いたプロテクトは、ドングルというハード、その中のファームウェア、そして、API, ユーティリティの すべてがそろって実現されます。これらが統合化され、その相互作用によって使いやすさやプロテクト強度という結果 として現れます。APIの数が多い、ドングル機能と API がどのように対応しているか分かりずらいと、とにかく APIを使うことが優先され、柔軟にプロテクトする方法を考えることが疎かになりがちです。しかし、プロテクトの 強度は利用する APIの数では決まりません。APIのドングルの機能を上手に利用していうことや、想像もしないような APIの使い方が重要です。プロテクトは規則的な方法はありません。奥深い分野です。Matrixにはプロテクトに関連ない機能はありません。その絞られた機能でも、すべてを使い切ることはあまりないはずです。

Matrixドングルを使うと、ソフトを送り出しても、ハードの保守、Matrix SDKに起因した問題を心配することは ありません。このため、ソフト自身の保守に集中したり、次の課題に取り組むことができます。ドングル利用を、 ドングル、SDK本体の価格、組み込むための時間、ドングル導入に起因する導入時の問題、保守といった総合的な サイクルの点からみると、Matrixドングルのコストパフォーマンスは群を抜いています。


Matrix LPT ドングル
ML / MK シリーズは LPT ポートに接続します。同時に LPT に接続されるプリンタ、スキャナなどの 周辺機器に影響を与えずに動作します。

開発時、透過的な動きやRISCプロセッサによる高度なセキュリティ、実用的な高い信頼性に 特に注意を払いました。
良質な製品は必ずしも高価とは限りません!

» 手ごろな価格で高品質

» Windows/Linux/Mac で専用 USB ドライバ不要

» 容易なソースコードへの API 埋め込み

» 実行ファイル( EXE ) を直接プロテクト

» Windows / Mac OSX / Linux 対応 64 ビット API

» 128 ビットのデータ暗号化 / 復号化

» ドングル内部での暗号化処理

» ネットーワークライセンス管理機能の標準添付

» ドングル設定のリモート更新ユーティリティ付属 ( Remote-Update )

» Web 認証

» API, ユーティリティ, サポートがすべて含まれます

» さらに Matrix の優位性について読む
ホーム | 会社概要 | 製品 | Matrixのユーザ様 | お問合せ

Copyright © by TechnoData Interware / 有限会社リビッグ -  最終更新日: 2016/02/03
» Our customers