特徴

容易なインストール

インストラーで簡単にインストールできます。できるだけ容易に導入できるようになっています。 ダウンロードページのデモ版でお試しください。

導入サポート

初めてのソフト導入は不安なものです。標準的な手順に沿って導入できるよう電話/メールにてサポートします。(訪問サポート、運用サポートが必要な場合は有償になります)

Windows 10/8.x/7/Vista, Windows 2008/2012 Server 対応

MxLogonはWindows 10/8.x/7/Vista, 及び, Windows 2008/2012 Serverに対応します。 クライアント OS (Vista/7/8/10) 版 / サーバ OS(Win2008/2012) 版がそれぞれあります。 クライアント OS版には 32ビット版/64ビット版が同梱され、Vista/7/8/10 に対応します。

同じキーをWindows 10/8.x/7/Vista, Windows 2008/2012 Server ( 32bit/64bit ) で利用可能

同じ USB キーを Vista/Win7/Win8/Win10(32bit/64bit) 上で実行する MxLogon と利用できます。
Win2008 Server/Win2012 Server用のUSBキーは Vista/Win7/Win8でも利用可能です。

2つのバージョンのクレデンシャルプロバイダ

パッケージに V1 と V2 クレデンシャルプロバイダが含まれます。 Windows Vista/7, Windows 2008 Server では V1クレデンシャルプロバイダが、 Windows 10/8.x、Windows 2012では V2クレデンシャルプロバイダがインストールされます。

キー単位で柔軟なログオン設定

キー毎に有効期限、PIN 入力要求などを設定できます。

管理ツールによるUSB キーとWindows ユーザーの対応付け

付属の管理ツールにて USB キーに割り当てるユーザを登録します。複数のキーに同じユーザを登録することもできます。

ユーザ情報を PC に登録する方法か、USB キー内に保存する方法の選択

USB キーに対応したユーザ情報をPCに登録できます。この方法では USB キーに対して PC 側で任意のユーザを登録でき るため、同じ USB キーに PC 毎に異なるユーザを登録可能です。PC すべてに利用する USB キーに対するユーザを登録しな ければなりません

USB キーにユーザ情報を保存する方法では、一度登録してしまえば MxLogon をインストールしたどのPCでも キーを利用できます。 最大4ユーザをキーに保存できます。

USB キーは抜き差しするだけの簡単操作。

USB メモリーのように取り外し作業は不要です。

リモートデスクトップ対応

リモートデスクトップでのターミナルサーバへのログオンにクライアント側に接続した USBキーを利用できます(クライアント側に付属のリモートデスクトッププラグインをインストール)