Windows ログイン認証のUSBキーによる保護

SimplePCLockは、その名前の通り、簡単なWindows保護プログラムです。

Windowsにはユーザ名/パスワード、PIN認証、Windows LiveID認証、指紋認証、顔認証等、許可された認証方法で(インタラクティブ)ログインできます。しかし、SimplePCLockが動作していると、インタラクティブログイン直後、正当なUSBキーが接続されていなければ強制ログアウトします。

ドメインユーザであるのか、ローカルユーザであるのかは関係ありません。どのようなユーザであっても Windows のセッションの利用は USBキー 接続によって可能になります。

どのような方法でインタラクティブログインしたとしても正当なUSBキーが未接続であれば Windows を利用することはできません。これにはリモート接続も含まれます。リモートデスクトップのサーバ側となるコンピュータに SimplePCLock がインストールされていると、サーバ側に USBキーが接続されていなければ、リモートクライアントはログイン直後に強制ログアウトします。

USBキーが接続されていて問題なく Windows のセッションを利用できたとしても、途中でUSBキーを抜き取ると強制ログアウトします。

PIN入力は不要です(できません)。ログイン時、正当なUSBキーがログインするコンピュータにローカル接続されていれるかどうかだけが判定基準になります。

例外ユーザ指定

USBキーが接続されていなくてもWindowsセッションを利用できる例外ユーザを各コンピュータ事に設定できます。 例外ユーザがインタラクティブログインすると正当な USBキーが接続されているかどうかのチェックはされません。

手軽な導入

SimplePCLockは Windowsサービスとして動作します。プログラムは1つ実行ファイルだけで構成されます。Windowsサービスとして登録/開始するだけで利用できます

Windowsサービスですので、設定によってセーフモードでも動作させることができます

2つのバージョン:
セキュリティ専用USBキー版 & USBメモリキー版(無償)

セキュリティ専用USBキー版

各ユーザ毎に異なる設定がされたUSBキーとプログラムを提供します。簡単な設定でもセキュリティは十分確保できます。

USBキーは使いやすく、安全です。USBメモリのような取り外し操作は不要です。いつ抜き取っても問題はありません。作りが上部で簡単には壊れません。ストレージ機能はありませんのでウィルス感染の心配はありません。USBキーにはOSの機能ではアクセスできません。

万全なセキュリティを確保したり、頻繁な抜き差しの対応するにはセキュリティ専用USBキー版を検討ください。

USBメモリキー版

無償提供の USB メモリ版は、市販USBメモリを使って Windowsセッションを保護します。市販USBメモリをつかうため、 専用USBキーほどの万全なセキュリティを提供しません。正しく使用することで最低限のセキュリティは確保できます。

USBメモリは他のUSBメモリと区別するために、固有 ID を持っているタイプでなければなりません。固有IDを割 り当てられていないタイプは”鍵”としての機能を果たすことはできません。

頻繁に抜き差ししない、USBメモリをストレージとして利用して使い慣れている、ウィルス感染対策されている場合、 便利に利用できるはずです。

*ユーザ専用版(有償)提供可

対応 OS

  • Windows Vista/7/8.x/10( 32bit/64bit)
  • Windows 2008/2012/2016 Server( 32bit/64bit )