USBメモリー vs. プロテクトドングル

プロテクト ドングル

プロテクション専用キーはセキュリティを重視した設計になっています。プロテクトに必要な一通りの機能が すべて含まれています。キー単体だけでなく、必要な関連ソフトウェアーを含めて考えると、価格、確立された プロテクト手法、使いやすさ(取り外し操作不要で、キーを抜き取るだけ)、強度などいろいろな面で、 汎用製品であるUSB メモリーでは実現できない製品特性を有しています。

USBメモリ ドングル

プログラムを USB メモリーを鍵として保護し、その USBメモリに保護したプログラムを保存する必要がある ケースでは、USB メモリをドングルとして活用すると便利です。ただし、ハードウェアとしては汎用製品の USB メモリのため、USB メモリとして扱わなければなりません。専用ドングル程の強度はありません。

また、ドングルとして活用するためのソフトウェアを すべて揃える金額を考慮にいれると、単価を下げるためには、ある程度のまとまった数の USB メモリを ドングルとして利用することが必須になります。

さらには、本格的にプログラムをプロテクトするには、バイナリレベルでのリバースエンジニアリングを防止する必要が あります。このためには実行ファイルを暗号化しますが、プロテクトするプログラムの用途に見合った 暗号化プログラムを見つけるのは、なかなか困難です。

USB メモリをドングルとして活用して、目的にあったプロテクト強度を実現するために何が必要か、事前に 全体像を確認することをお勧めします。

Matrix ドングル

弊社は Matrix ドングルとその応用製品を扱っています。

リンク

ページのトップへ戻る