USBメモリーをプロテクトドングルとして活用

このパッケージで市販の USBメモリーをプロテクトドングルとして活用できるようになります。

仕組み

固有 ID を持った USB メモリを利用します。固有 ID を元に暗号化したライセンスファイルを生成し USB メモリに書き込みます。プロテクトするプログラムはライセンスファイルを USB メモリーから 読み込み、解析して、内容が USB メモリの固有 ID と一致することを確認します。ライセンスファイルが 存在しない、ID がライセンスと一致しなければライセンスが無いと判断します。

ライセンスファイルを他の USB メモリにコピーしても、ライセンス生成の元となる固有 ID が異なるため、 ライセンス解析時に不正なものだと認識できます。

提供プログラム

USB メモリをドングルとして利用するために必要な一連のプログラムを含みます。

  • USB メモリーが固有 ID を持っていることを確認するユーティリティ
  • USB メモリーの固有 ID を元にライセンスファイルを生成、書き込むプログラム
  • ライセンスファイルを USB メモリーから読み込み、解析する API (DLL)
  • ユーザ専用の API (DLL)ファイルを生成するユーティリティ

プロテクト方法

USB メモリ設定

  1. USB メモリが固有 ID を持っているかどうかを確かめます。固有 ID を持っていない USB メモリも出回っています。
  2. ライセンス生成プログラムで USB メモリにライセンスファイルを書き込みます。
  3. ライセンスファイルはユーザ専用の鍵で暗号化されます。復号のために対応する鍵が必要です。復号鍵を 埋め込んだ API ファイルを生成します
  4. USB メモリからライセンスファイルが削除されてしまっても、復元する仕組みが用意されています
  5. 生成できるライセンス数は事前に決まっています。

プロテクトするアプリケーションプログラム側

  1. 生成したライセンスファイル確認 API を利用して、USB メモリに正当なライセンスが書き込まれていることを確かめます
  2. USB メモリにライセンスが存在しなければ、適当な対処をします。

アプリケーションプログラムは API 関数を呼び出すだけでライセンスを確かめることができます。 USBメモリに関わるすべての処理は API 側で行われます。

Matrix ドングル

弊社は Matrix ドングルとその応用製品を扱っています。

リンク

ページのトップへ戻る