ホーム

USB認証ドングル

異なるニーズに対応する2製品を提供します。すべてのドングルは PC に接続すると OS が自動的に認識するタイプです。Windows/Mac OSX/Linuxに対応します

ドングルのハードウェアで発生する問題はコネクタです。Matrixキーは繰り返しの抜き差しに耐えるような作りになっています。ドングル利用者からのドングルの機能は、ドングルを操作する API に集約されます。洗練されたMatrix APIは使い易く、機能的に問題が起こり難くなっています。開発中に API絡みで問題が発生したり、運用時に問題が発生すると、ドングル利用のコストは高くつきます。Matrix ドングルで、開発時のコスト、運用中のコストを抑えることができます。

製品仕様、特徴、価格、ドングル利用のライフサイクルを考慮の上、ご検討ください。

Matrix シリーズ

必要なツールがすべて付属するオールインワンのプロテクト/認証ソリューションです。国内販売 10年以上の実績のあるドングルです。インクリメンタルに改良はされますが、利用者は同一 APIで Matrix ドングルを扱い続けることができます。この方針は長期間のサポートが必要なアプリケーションプログラムでドングルを組み込む際に検討対象となる重要な要素になるはずです。
ショートタイプとロングタイプの2種類があります。物理的なサイズ以外、仕様、価格は同じです。
  • 短時間で容易にプログラムをプロテクトできます。
  • 必要なすべてのツール( SDK )が Matrixドングルに付属します。
  • 高度な実行ファイル暗号化ユーティリティで実行ファイルを暗号化できます。
  • ソースで Matrix APIを呼び出してドングルを操作を操作することができます。API は洗練され、分かりやすいため使いやすく、ソースの保守もしやすくなります。
詳細はこちら

Matrix ホームはこちら

EL シリーズ

高いレベルのプロテクションを実現するドングルです。Matrixドングルとは別メーカの製品です。

超小型タイプ Genji、リアルタイムクロック内臓したタイプがあります。

一般的な既成品ドングルとは異なり、ユーザが自由に設計(カスタマイズ)できます。ユーザは ドングル内部で実行されるプログラムを作成し、ELに配置します。このユーザ作成プログラムは EL内部の OS によって実行されます。

ユーザ作成プログラムは C 標準関数 / OS提供関数を呼び出して機能を実現します。搭載ハードウェアにより暗号化処理は高速に実行されます

超小型タイプ。心臓部は EAL5++ スマートカード(ICカード)
通常タイプ。心臓部は EAL5++ スマートカード。リアルタイムクロック内臓タイプがあります。

  • 心臓部に EAL 5++準拠のセキュアなスマートカードを使っています。
  • スマートカード OS が内臓され、その OS上で動くプログラムをユーザ側で開発します。既存のドングルでは実現できない機能や、アプリケーション独自の付加機能を追加できます。
  • ドングル内の OS はプログラムを安定的に実行します。
  • TDES/RSAエンジン搭載のため高速暗号化処理が可能です。
詳細はこちら

EL ホームはこちら

mLock シリーズ

mLock は手軽にプロテクトを望むユーザ向け製品です。後発ドングルのため比較的新しい 部品が使われています。Matrixドングル、ELドングルとは別メーカの製品です。

SmartX1ミニ
スマートカードベースの超小型タイプ。
SmartTimePro
リアルタイムクロック心臓タイプ。外部のタイムソースを利用せずに、内臓時計で プログラム利用制限が可能です。

  • 実行ファイルプロテクトソフト Enigma Protector(カスタム版)で、お手元の実行ファイルを mLock ドングルが接続していなければ実行できないように簡単に暗号化、プロテクトできます。
  • ソースコードに APIを組み込んでプロテクトすることもできます。
詳細はこちら

mLock ホームはこちら

Matrixドングル

ELドングル