リモートAPIとは

MxNet2ネットワーク API

ローカルPCに接続した Matrix USB キーでライセンス管理するのではなく、リモートコンピュータに接続した Matrix USB キーでライセンス管理するための API です。


リモート API は MxNet2 ライセンスサーバとクライアント間を TCP/IP通信でやり取りを行います。そのため、ネットワークセグメントを超えてクライアントからライセンスサーバにアクセスできます。クライアントは、インターネット経由でライセンスサーバにアクセスすることも可能です。


リモート API は 変名したMatrix API 呼び出したをリモートライセンスサーバにリダイレクトするような形になります。クライアントはローカルPCに接続した Matrixドングルを操作するようにリモートのMatrix USB キーをネット―クを意識せずに操作できます。APIの設定によりローカル接続のドングル操作も可能です。

リモートAPI例

初期化 rInit_MatrixAPI()
解放 rRelease_MatrixAPI()
読込 rDongle_ReadData(usercode,data,count,DngNr,Port)
暗号化 rDongle_Encrypt(usercode,datablock,DngNr,Port)
書込(エラーが返される) rDongle_WriteData(usercode,data,count,DngNr,Port)

Matrix APIの関数名の先頭に "r" を付けたものがリモート APIになります。引数は同じです。既存のプログラムをリモートAPI対応にするにはMatrix APIの関数名に "r"を追加して再ビルドします。

初期化<rInit_MatrixAPI>でサーバとセッションを開始、rDongle_ReadDataを呼び出すとサーバ側のドングルのデータを読み込みます。Matrix APIでローカルドングルを操作するのとほぼ同じ方法でリモートドングルを利用できます。

ドングルを変更する書込系 リモートAPI は存在しますが、必ずエラーが返ります。

設定ファイルや API でローカル接続のMatrixキーにアクセスするよう切り替えることもできます。ローカル接続ドングルを 操作する場合、書き込み系 API は有効です。